ものづくりを支える「めっき」業界の専門紙が発信する媒体案内及び情報サイト

「SEMICON JAPAN 2019」が開催

2020.02.12

 「SEMICON JAPAN 2019」が令和元年12月11〜13日に東京ビッグサイトで開催され、会期中に22,064人が来場した。同展は、半導体の前工程~後工程までの全工程から、 自動車やIoT機器などのSMARTアプリケーションまでをカバーするエレクトロニクス製造サプライチェーンの国際展示会。
 表面処理業界からも次に紹介する展示があった。


大塚電子

光を媒体とした技術で、常に時代の最先端を行く分析機器・計測機器メーカーの大塚電子(株)は、ウェーハ、フィルム、電子材料からの要望に応えるべく非接触・非破壊の膜厚装置を出展した。
また、出展者セミナーでは、「製造工程におけるin-situ、in-lineについての新たな膜厚検査のご紹介」と題して講演を行った。

坂口電熱

産業用ヒーターや温度センサー、コントロールユニットなど5000点以上のアイテムを取りそろえ、大型設備や装置も手がける坂口電熱(株)は、セールスエンジニアがユーザーの要望を聞き、加熱対象、加熱用途などを考慮した最適な製品とソリューションをオーダーメイドで提供できるのが強み。会期中は高温から低温まで各温度域に対応した各種ヒーター、温度センターや温度コントローラー、レーザー平面瞬間加熱装置「ExLASER」他、熱に関する様々な製品を展示した。

関東学院大学 材料・表面工学研究所


同研究所では、産学共同開発のルーツとして表面処理業界で実績を上げており、世界に先駆けプラめっきを工業化するなどの技術を開発。現在も最新の表面技術・人財育成を世界へ展開している。また、大学の附置機関としての機能だけでなく、企業との委託研究や人材教育を積極的に行っており、国内外の優良企業約60社と連携し、多くの有用な商品開発に加え、環境配慮型の革新的な材料工学を新たな研究テーマとし、表面処理で使用される新素材の研究開発を先導している。
 その他パネル展示などで、・研究委託契約、②人財教育、③めっき講習会、④社会人再教育を行っている事や、カリフォルニア大学アーバイン校と関東学院大学とのコラボレーションで、①Medical 医療、②High Speed Telecommunications 高速伝送等の研究開発も行っているとPRした。

関連記事

駒沢工業株式会社
日本カニゼン株式会社
 笠原理化工業株式会社
株式会社 三社電機製作所
株式会社ワールドメタル
株式会社 山本鍍金試験器
共和機器製作所株式会社
株式会社カネカ OLED事業開発プロジェクト
株式会社 オカダテックス 有明鍍研材工業株式会社
中央化学株式会社 株式会社JCU
富士電機工業 株式会社 日本表面化学株式会社
ミナモト電機株式会社 日進化成株式会社
大原研材株式会社 株式会社 ヒキフネ常木鍍金工業株式会社 奥野製薬株式会社
新共立化工株式会社 有限会社シンワ電熱
谷口ヒーターズ 日本プラント工業株式会社
Bagazine