ものづくりを支える「めっき」業界の専門紙が発信する媒体案内及び情報サイト

東ソー株式会社 排水用重金属処理剤「TXシリーズ」の展開を加速

2022.06.24

近年、排水中の重金属について排水基準値・管理強化が進んでおり、重金属を低濃度に処理可能な排水用重金属処理剤が求められている。そこで、東ソーは、高い重金属処理性能と、安全性を有する排水用重金属処理剤「TXシリーズ」の展開を加速させている。
TXシリーズは、ジチオカルバミン酸塩系の薬剤で、重金属と反応し、不溶性の錯体を形成する特徴がある。この特徴を利用し、排水中の水溶性の重金属を不溶化、除去することで、排水を浄化することができる。
TXシリーズは、現行の排水処理設備に追加するだけ使用できる。例えば、工場等から排出される重金属含有排水にTXシリーズを添加し、重金属を不溶化した後、無機凝集剤、高分子凝集剤を添加し、不溶化物を粗大なスラッジとして沈殿槽でスラッジを沈降させた後、上澄みをろ過して放流する。
TXシリーズとして、標準グレードのTX-20、高性能グレードのTX-55をラインナップしており、そのいずれも①高い重金属処理性能、②省コスト、③高い安全性、という特徴を持っている。今回、高性能グレードであるTX-55を中心に紹介する。
【高い重金属処理性能】TX-55のプリント基板工場のCu含有排水の処理事例では、従来剤ではクリアできなかった自主強化基準を、「TX-55」を用いることで達成することができる(図1)。
【省コスト化】TX-55は、従来剤よりフロックサイズが大きく、凝集性が高い特徴がある(図2)。そのため、併用する無機凝集剤の使用量を削減することが可能となり、結果汚泥の発生量削減にも寄与する(図3)。
【高い安全性】 TX-55を含めたTXシリーズは、排水処理時に有害な硫化水素ガスを発生しない。これは、成分中に硫化水素ガスの発生源である硫化物を含まないためである。
また、同社は、総合化学メーカーとして培ってきた知見を生かした技術サービスを得意としている。単に排水処理剤を販売するだけでなく、現行設備・排水組成に応じた最適化処方を提案し、多様化する顧客ニーズに応えている。
「TXシリーズ」は、高い重金属処理性能を有し、かつ、有害ガスを発生しない。さらには、廃棄物(汚泥)削減にも役立つため、SDGsの観点からも世界的な課題である環境浄化、産業発展、安全衛生に大きく貢献すると確信する。

             図1

         図2

     

従来剤(凝集性低)       TXー55(凝集性高)

             図3

関連記事

駒沢工業株式会社
日本カニゼン株式会社
 笠原理化工業株式会社
株式会社 三社電機製作所
株式会社ワールドメタル
株式会社 ワールドケミカル
株式会社 山本鍍金試験器
共和機器製作所株式会社

株式会社 オカダテックス有明鍍研材工業株式会社株式会社 セロリ株式会社JCU富士電機工業 株式会社日本表面化学株式会社株式会社TSUMURAミナモト電機株式会社 日進化成株式会社 大原研材株式会社サンライト株式会社株式会社 ヒキフネメトロームジャパン株式会社奥野製薬株式会社新共立化工株式会社 有限会社シンワ電熱谷口ヒーターズ 日本プラント工業株式会社南越化成三共Bagazine